PDE Seminar 2次元NLKG系の大域解について –質量共鳴のある場合–

Date
2008-11-07 16:30 - 2008-11-07 17:30
Place
Faculty of Science Building #8 Room 309
Speaker/Organizer
Hideaki Sunagawa (Osaka University)
 
空間2次元における非線形Klein-Gordon方程式系(以下NLKG系と略す)の初期値問題を考える。質量項の間に共鳴関係がない場合の解の時間大域的な挙動は詳細に調べられているが、質量共鳴がある場合についてはまだ分かっていない事柄が多い。本講演では共鳴がある場合にNLKG系が時間大域的な古典解を持つための非線型項の形状に関するひとつの十分条件を与え、その意味について論じたい。(川原雄一朗氏との共同研究)