Seminar on Arithmetic Algebraic Geometry :Unit group, value group, and torsors of an abelian variety

Date
2014-8-4 10:00 - 2014-8-5 16:00
Place
Faculty of Science Building #3 Room 413
Speaker/Organizer
Kentaro Mitsui (Kobe University)
 
アブストラクト
Brauer群の元を分裂させるために必要な体拡大の次数は古くから研究されており,

周期と指数の問題(period−index problem)と呼ばれている.
LangとTateによりアーベル多様体のトーサーについて,この問題と類似した問題が
提起された.
本講演では先ずリジッド幾何とガロア・コホモロジーの基本事項を復習し,
次に指数の最近の研究結果,リジッド幾何,形式群の変形を用いて,
通常良還元を持つ等の場合に,局所体上のアーベル多様体に対して
周期と指数の問題へ答えを与える.