Seminar on Arithmetic Algebraic Geometry:CM 周期に関する吉田予想とそのp 進類似について

Date
2012-12-19 10:00 - 2012-12-20 17:00
Place
Faculty of Science Building #4 Room 501 (Dec. 19), #3 Roon 413 (Dec. 20)
Speaker/Organizer
Tomokazu Kashio, Tokyo University of Science
 
アブストラクト:志村五郎氏は代数的Hecke 指標に付随するL 関数のcritical value などの超越数部分を表すためにCM 周期記号を導入した.これは虚数乗法を持つアーベル多様体の周期積分を用いて定義される.
一方で吉田敬之氏は, 総実体の部分ゼータ関数のs=0 での微分値を用いて絶対CM 周期記号を定義し,その性質を調べた. とくに,任意のCM 周期記号の値は絶対CM 周期記号の値を用いて書き表せる,と予想している.
本講演ではこの吉田予想の定式を中心に, 古典的な場場合, Stark 予想との関係, 及びp 進類似などの話題を紹介する.