PDE seminar: On quenching and dead-core at space infinity for semilinear heat equation with absorption

Date
2011-9-2 16:30 - 2011-9-2 17:30
Place
Faculty of Science Building #3 Room 205
Speaker/Organizer
Noriaki Umeda (University of Tokyo)
 
吸収項付きの半線形熱方程式の初期値問題の中で、初期値が空間無限遠において最小値をとる物を考える。本講演ではこの問題に対して、主に初期値の形状とquenching
timeにおける解の形状の関係について扱う。