Last modified: 2017 年 03 月 27 日 11 時

研究室 : 矢野 充志

矢野 充志 (Atsushi YANO)
北海道大学大学院理学研究院 非常勤講師
E-mail: yano (at) math.sci.hokudai.ac.jp

研究対象・テーマ

偏微分方程式系の同値問題
Keywords: 微分式系 (differential system), exterior differential system, 微分幾何学,
Monge–Ampère方程式, 微分式系の還元 (reduction), 階別Lie環 (graded Lie algebra),
延長理論 (prolongation theory), parabolic geometry,etc...
※ 微分式系 - 多様体上の接束の部分束のこと。Realization Lemmaより、偏微分方程式系に幾何学的に対応していると言える。

更新履歴

2017.03.07 [KETpic]
複数の目盛りの設定を追加
2017.02.18 [KETpic]
目盛りの設定を追加
2017.02.13 [研究]
論文と発表の記録のリストを追加
2017.02.12 [KETpic]
空間図形のハッチングを加筆修正
2017.02.12 [覚え書き]
覚え書きhighlight.jsを言語毎にカスタマイズして使うを追加
2017.02.07 [覚え書き]
Texstudioの不具合の件Mathjaxの件覚え書きに移動
2017.02.06 [KETpic]
関数を定義するを加筆修正

過去の履歴はこちら

論文・講演

担当した講義のページ

担当した講義で配布した講義資料やレポート問題など

KETpicメモ

KETpicとは、数式処理システム (Mathematica, Maple, Scilabなど) を利用した作図をTeX文書に挿入するためのマクロパッケージです。高校や高専、大学などの講義資料やプリントの挿図を作るのに最適です。数式処理システムからの出力と違い、次のような利点があります:

ここでは、フリーウェアの数値計算システムScilabを利用したKETpicに関するメモや使い方を書き残しています。Mathematica版やMaple版もありますが、Maple版ではうまく動かないコマンドがあったことと、Scilab版のほうが最新のバージョンのKETpicが使えるのでこちらをおすすめします。

なにはともあれ、実例 -> Showcase

覚え書き

いろいろ雑多なことを書き残していきます。

リンク