情報セキュリティにおける数学的方法とその実践

開催日時
2016年   12月 19日 9時 50分 ~ 2016年   12月 21日 14時 30分
場所
北海道大学理学部4号館5階501教室
主催者
 
大本 亨(北大・理),縫田光司(産総研/JSTさきがけ),Michele Torielli(北大・理)

プログラム:統数研2016W13 北大情報GSB・HP

文科省委託事業・数学恊働プログラム(統計数理研究所) ~数学・数理科学と諸科学・産業との協働によるイノベーション創出のための研究促進プログラム~

趣旨・目的:今日,ビッグデータサイエンスやインターネットシングズ等の広範な技術革新において,情報セキュリティとくに暗号理論の重要性は頗る増している―その理論的基盤となる数学はより高度化・複雑化しており,分野横断的に数学者が取り組むべき課題となっている.そこで本申請では,暗号理論やデータサイエンスの専門家と所謂純粋系の数学者によるブレインストーミングを通して学際的交流を深めることを主眼とし,最先端の暗号理論の展開,代数幾何学・組合せ論・表現論・力学系等の情報分野への新しい応用研究,および実際的な装備に向けたビッグデータに関わる研究(たとえば安全なゲノム検索手法の開発など)に関するワークショップを提案する.さらに数学系大学院生に向けて,数学・数理科学の社会的応用の実際とその展望の紹介を行う教育的レクチャーの側面を含める.

主催機関:
北海道大学大学院理学研究院数学部門
北海道大学電子科学研究所社会創造数学センター
北海道大学 Global Station for Big Data and Cybersecurity, GI-CoRE
産業技術総合研究所情報技術研究部門

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ