談話会 臨界現象の厳密な解析を目指して-コンタクトプロセスを中心に-

開催日時
2008年   04月 30日 15時 00分 ~ 2008年   04月 30日 16時 00分
場所
北大理学部3号館512講義室
講演者
坂井哲(北大・創成機構)
 
 最も重要で最も難しい統計力学の問題の一つである相転移・臨界現象を、数学の立場から研究することの意味・意義を議論します。特に、伝染病伝播の代表的なモデルであるコンタクトプロセスを中心に、なぜ臨界現象が重要だと考えられているのか、なぜ難しいのか、についてお話しし、最後に「レース展開」によって証明されたこれまでの結果を紹介します。

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ