数理科学セミナー:(第一部)Ergodic limits in random walk in cooling random environment/(第二部)日立ラボ進捗報告会

開催日時
2018年   7月 24日 15時 30分 ~ 2018年   7月 24日 18時 00分
場所
理学部4号館4-501室
講演者
千野由喜(Universiteit Leiden),藤沢好,上島芳倫,青木雅允,豊川永喜,鎌倉雄洋
 
■数理科学セミナー(第一部)Ergodic limits in random walk in cooling random environment

開催日時:2018年7月24日15:30~16:20
講演者:千野由喜(Universiteit Leiden)

アブストラクト:
今回取り上げる Random walk in cooling random environment (RWCRE)は空間と時間に依存した
推移確率を仮定した1次元ランダムウォークモデルの一つである.ここで Random environment
とは1次元整数格子上の各点に対して定められる,ある確率分布に従って選ばれた推移確率の
集まりのことを言う.このモデルは,ランダムではない単調に増加する時刻の列に沿って毎回
random environment を選びなおしてできる,時間変化のともなう環境下でのランダムウォークを
考える.基本となるモデルである random walk in random environment (RWRE) においては現在
までに多くのことがわかっており,密接な関係にあるこのモデルの解析にもそのいくつかが役立つ.
今回の話の内容は,基本となる RWRE について現在得られている重要な結果を紹介しながら,
RWCRE の漸近的振る舞い,特に RWCRE に関する大数の法則と大偏差原理について焦点を当てる
つもりである.

■数理科学セミナー(第二部)日立ラボ進捗報告会

開催日時:2018年7月24日16:30~18:00(各30分ずつ)
講演者:藤沢好(D3),上島芳倫(D2),青木雅允(D1),豊川永喜(D1),鎌倉雄洋(B4)

アブストラクト:
現在,HITACHIが目指す新しいコンピューティングシステムをめぐって,数学専攻・数学科の
学生が3つのプロジェクト(グラフ埋め込み,確率的セルラオートマタ,基底状態の安定性)
で研究している.その進捗報告会が毎週1回,北キャンパスの日立ラボで行なわれているのだが,
今回はそれを数学教室で行ない,広く活動状況を知っていただこうというものである.

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ