第7回 北大MMCセミナー 3成分FitzHugh-Nagumo方程式系の空間1次元、 および2次元での局在パターン

開催日時
2013年   3月 6日 16時 30分 ~ 2013年   3月 6日 18時 00分
場所
北海道大学電子科学研究所中央キャンパス総合研究棟2号館5階講義室北(北12条西7丁目)
講演者
池田 榮雄(富山大学)
 
Abstract:

3成分Hitz-Hugh-Nagumo方程式系(1活性因子-2抑制因子モデル)の空間1次元での定常パルス解の存在、安定性、及び定常パルス解からの分岐を考察する。定常パルス解からの進行波解の分岐、局在波動パルス解の分岐が話題の中心となるが、2成分系と異なる定常パルス解のサドルノード分岐や多重パルス解の存在、安定性にも触れる。最後に、空間2次元での定常スポット解の存在とその安定性に関して解説する。

 

第7回北大MMCセミナー

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ