第6回北大MMCセミナー 多細胞動態から器官形成へつなぐ数理モデリング

開催日時
2013年   1月 18日 16時 30分 ~ 2013年   1月 18日 18時 00分
場所
電子科学研究所 中央キャンパス総合研究棟2号館 5F講義室北(北12条西7丁目)
講演者
平島 剛志 (京都大学医学研究科)
 
Abstract:

生物のかたちづくりは、細胞集団が協調的に運動し適切に全体を形づくることで進行します。実験技術の進歩により分子や細胞の挙動は明らかになってきましたが、例えば内臓器官形成のような高次構造を形づくる上で、何がどう重要なのかに関しては未解明な点が多いと言えます。
本セミナーでは、多細胞の協調的な運動を引き起こすための要因や器官形成で普遍的に見られる遺伝子制御の発生生物学的な意義の理解を深めるために行った研究を、実験データと数理モデルを示しながら紹介します。

第6回北大MMCセミナー2013.1.18 平島剛志

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ