第23回 北大MMCセミナー 保存量をもつ反応拡散系に関する話題

開催日時
2014年   3月 6日 16時 30分 ~ 2014年   3月 6日 18時 00分
場所
電子科学研究所中央キャンパス総合研究棟2号館 5F講義室 北(北12条西7丁目)
講演者
森田 善久(龍谷大学理工学部)
 
Abstract:

反応拡散系においてチューリング不安定性は、パターンを発生する原理としてよく知られているが、不安定化の後の最終的な安定解の空間形状は、非線形性、領域形状、パラメータの値等に大きく依存する。そのため様々なモデル方程式について空間パターンをもった安定解が研究されてきた。Otsuji-Ishihara et.al (2007) によって提案された質量保存の性質をもつ反応拡散系のモデルはチューリング不安定性を起こすが、その保存則のため安定解の空間形状が制約される。その解構造に関する最近の数学的成果と、関連した話題について紹介する。

ポスター第23回北大MMCセミナー2014.3.6森田

※通常と曜日が異なります

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ