第21回北大MMCセミナー 触感覚システムの生体医工学とその応用

開催日時
2014年   3月 3日 16時 30分 ~ 2014年   3月 3日 18時 00分
場所
電子科学研究所 中央キャンパス総合研究棟2号館 5F講義室 北(北12条西7丁目)
講演者
仲谷 正史(慶應義塾大学、学振PD)
 
Abstract:

日常生活の中で、私たちは何かに触れるということを絶えず繰り返しています。ですが、触れたものの感触について、意識することは稀です。今日触ったもので何が一番印象的でしたか?と訊かれて、即答できる人はほとんどいません。案の定、五感のサイエンス研究においても、触覚の研究が一番遅れています。

生体において、最も敏感に応答する触覚センサはメルケルー神経複合体です。メルケル細胞-神経複合体は、物体表面のエッジや粗いテクスチャに対して応答することが知られています。1875年にドイツ人解剖学者であるメルケル博士が発見し、その名前を冠することになったメルケル細胞は、139年の間、触覚刺激に対して応答する触覚センサだと考えられ、広く認知されてきました。しかしながら、本当に触覚センサとして機能しているのか、どんなメカニズムで外界からの触覚刺激に対して応答しているのかについては謎のままでした。その一端が、2014年にいよいよ明らかになってきました。

今回の講演では、メルケル細胞に関する感覚生物学の最新知見について演者の研究を交えて紹介しながら、メルケル細胞ー神経複合体が触知覚にどのような寄与 をしてるのかを工学の視点からお話します。また、基礎研究の話だけでなく、演者らが行っている触れることを意識し、触感を享受する活動「触楽」についても、体験型デモを交えながらお話します。

ポスター第21回北大MMCセミナー2014.3.3仲谷

※通常と曜日が異なります

 

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ