第15回 北大MMCセミナー Navier-Stokes方程式に対する処罰法の正当化について

開催日時
2013年   11月 8日 14時 30分 ~ 2013年   11月 8日 16時 00分
場所
電子科学研究所 中央キャンパス総合研究棟2号館 5F講義室 北(北12条西7丁目)
講演者
山口 範和(富山大学・人間発達科学部)
 
Abstract:

非圧縮性粘性流体の基礎方程式であるNavier-Stokes方程式は圧力項に関して時間発展の構造を持たない。その為,Navier-Stokes方程式を用いて流体の運動の数値計算をする際には圧力項の取り扱いが問題となる。Temamによって提唱された「処罰法」は連続の式である非圧縮条件を速度場と圧力の間の関係式で取り替えるものであり,処罰法を用いれば運動方程式は速度場のみに依存する関係式として書き直すことが出来る。この為,圧力項に対する境界値問題を経由する事なく流体の運動を数値計算する事が可能になるが,処罰法では連続の式を近似している為,得られる解の妥当性については別途検証が必要となる。処罰法の数学的正当化については,Temam(1968)やShen(1995)による結果が知られているが何れも有界領域における結果である。本講演では,非有界領域における処罰法の数学的正当化の出発点として全空間において得られた成果について報告する。

第15回北大MMCセミナー ポスター

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ