第14回 北大MMCセミナー 脳内の視覚情報処理の数理モデルと画像処理への応用

開催日時
2013年   10月 4日 16時 30分 ~ 2013年   10月 4日 18時 00分
場所
北海道大学電子科学研究所中央キャンパス総合研究棟2号館 5F講義室 北(北12条西7丁目)
講演者
新井 仁之(東京大学)
 
Abstract:

視覚系が行う視覚情報処理の数理モデルの基盤となる数学として、筆者らは「かざぐるまフレームレット」を考案した。

本講演では、このかざぐるまフレームレットを基礎にした視覚情報処理の数理モデルを出発点とし、その各種画像処理への発展と応用について述べる。

 

第14回北大MMCセミナーポスター

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ