月曜解析セミナー:中空糸膜を介したガス溶解の数学モデルと人工心肺への応用

開催日時
2017年   11月 2日 15時 00分 ~ 2017年   11月 2日 16時 00分
場所
3-210
講演者
佐野吉彦(静岡大学大学院総合科学技術研究科工学専攻)
 
本発表では,中空糸膜を介した溶媒へのガス溶解法に注目する.この方法は,バブリング溶解法に比べて,大気に開放されるガス量を抑えることができ,近年では,バイオプラントや水素水製造装置に取り入れられている.一般的に,ガスは濃度(分圧)勾配を駆動力として,溶媒へ溶解するため,一本の中空糸膜では,比較的,単純な系として理論解析ができる.しかし,実際の系では,数センチ四方の空間に,数千本の中空糸が存在し,中空糸を縫うような流れが形成されるため,中空糸を介した物質輸送を正確に予測することは難しい.そこで,本発表では,中空糸膜を介したガス溶解に対して,局所体積平均理論を活用したガス溶解モデルを紹介する.さらに,この数学モデルのアプリケーションとして,人工心肺に注目し,理論から求めた人工心肺の設計指針をたてたので紹介する.

Ambitious 物質科学セミナーとの共同開催

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ