月曜解析セミナー: 近年のレブナー方程式の理論と関連する諸問題

開催日時
2016年   11月 2日 15時 00分 ~ 2016年   11月 2日 16時 30分
場所
理学部4号館501
講演者
堀田 一敬(山口大学)
 
レブナー方程式の理論は,2000年に同方程式がSchrammに確率解析に応用されて以来飛躍的に進んでいる.特に近年ではradial型,chordal型などの既知のレブナー方程式を統一に扱うことのできる理論が提唱され,それにより関連する諸概念もより一般的な枠組みで論じられている.本講演ではまず近年に置けるレブナー理論の概観を,講演者の最近の結果を交えて紹介する.後半は,レブナー微分方程式とその解との正則依存性,また結晶成長を描くためのアイデアなどをふまえつつ,レブナー方程式に関連したいくつかの問題を紹介したい.

通常とは場所,曜日と時間が異なります.


関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ