数理解析学特別講義/数学特別講義「確率セルオートマトンの数理的構造A・B」

開催日時
2011年   6月 14日 ~ 2011年   6月 17日
場所
北海道大学 理学部
講演者
今野紀雄(横浜国立大・工学)
 
格子上を確率的に相互作用しながら時間発展していく確率セルオートマトンの基本的な性質や相転移現象を表わす結果を学習する。
その後、量子セルオートマトン、量子ウォークに関しても学ぶ。

主な内容:

  1. 確率セルオートマトンの基本的な性質

  2. 確率セルオートマトンの相関不等式とハリスの補題

  3. 確率セルオートマトンのテンソル表現と双対性

  4. 確率セルオートマトンの極限定理と生存確率

  5. 量子セルオートマトン、量子ウォークの定義と基本的な性質



参考書等:

  1. 無限粒子系の科学 / 今野紀雄 : 講談社, 2008

  2. 量子ウォークの数理 / 今野紀雄 : 産業図書, 2008





関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ