談話会 小林真平「曲面の幾何学について」 Simona Settepanella 「Arrangements of hyperplanes and applications to social sciences」

開催日時
2013年   10月 3日 15時 00分 ~ 2013年   10月 3日 17時 30分
場所
北海道大学理学部4号館 501号室
講演者
小林真平、Simona Settepanella
 
15:00-16:00 小林真平
16:00-16:30 Tea Time (5F コモンスペース)
16:30-17:30 Simona Settepanella

小林真平
タイトル:「曲面の幾何学について」
アブストラクト:定曲率曲面や平均曲率一定曲面は変分問題として定式化される自然な対象であり、また構造方程式がソリトン方程式になる事から可積分系の手法が応用できます。講演者はこれまで可積分系の手法によってこれらの曲面の問題を考えてきました。本講演では、自己紹介をかねまして今まで取り組んできた問題やこれから取り組みたいと考えている問題を平易にお話する予定です。
キーワード:(平均)曲率一定曲面,調和写像,ソリトン方程式,ループ群,リーマンヒルベルト問題,ワイエルシュトラス型表現公式,超幾何方程式

Simona Settepanella
タイトル:Arrangements of hyperplanes and applications to social sciences
アブストラクト:An arrangement of hyperplanes is a finite set A of codimension one subspaces in a linear, affine, or projective space S. Arrangements have emerged independently in various fields of mathematics such as combinatorics, braids, configuration spaces, representation theory, reflection groups, singularity theory, and in computer science and physics.
Questions about hyperplane arrangements generally concern geometrical, topological, or other properties of the complement, M(A), which is the set that remains when the hyperplanes are removed from the whole space.
Starting off with a historical introduction, this talk will summarize some of the most known results of the field and will end with an example on a recently emerged application: the one to social sciences.

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ