第25回 北大MMCセミナー 泳ぐ細胞と境界の流体相互作用

開催日時
2014年   5月 1日 16時 30分 ~ 2014年   5月 1日 18時 00分
場所
電子科学研究所 中央キャンパス総合研究棟2号館 5F講義室 北(北12条西7丁目)
講演者
石本 健太(京都大学数理解析研究所)
 
※通常と曜日が異なります

Abstract:

ゾウリムシや精子といった微生物は低レイノルズ数の流体(ストークス流)中を泳いでいるが、 ミクロスケールでの遊泳は、帆立貝定理に代表されるように、流体力学的な制限が非常に強い。

顕微鏡で微生物を観察することを考えると、境界の効果は生物学上大変重要であり、 本講演では境界付近を泳ぐ細胞にはたらく流体相互作用を中心に、細胞遊泳の流体力学とその応用について議論する。

第25回北大MMCセミナーポスター

 

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ