第43回附属社会創造数学センター主催北大MMCセミナー 乱流場の統計力学:ひとつの試論

開催日時
2015年   6月 24日 16時 30分 ~ 2015年   6月 24日 18時 00分
場所
電子科学研究所 中央キャンパス総合研究棟2号館5F北側講義室(北12条西7丁目)
講演者
名和 範人氏 (明治大学理工学部)
 
Abstract:
Kolmogorov 予想とOnsager 予想は,ある確率過程を通して数学的に結びついている. この関係を厳密に考えるとき,エネルギー散逸率非消失の仮定を再考する必要に迫られる:
一旦は支配方程式を忘れて,Karman-Howarth-Monin の関係式を拠り所として散逸率を再定義する. このようにすると,乱流のサンプルは非圧縮性 Euler 方程式の散逸的弱解のある族であると推測され, 時空間の局所的な分配関数の候補と言うべきものが定義される.
この話は,京都大学の坂上氏、松本氏との共同研究に基づいている.

http://www-mmc.es.hokudai.ac.jp/els/seminar.html

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ