幾何学コロキウム Akbulut corkとエキゾチック多様体の種数0のPALFについて

開催日時
2015年   12月 11日 15時 30分 ~ 2015年   12月 11日 16時 30分
場所
理学部3号館3-205
講演者
浮田卓也(東京工業大学)
 
【普段と時間、場所が異なります!】

corkはStein曲面の一種であり、cork twistという操作によって様々なエキゾチック多様体が構成されている。本講演ではKirby図式を用いてAkbulut corkにファイバーの種数が0のPALF (positive allowable Lefschetz fibration) 構造を与える方法を示す。また、Akbulut corkに沿ったcork twistによってうつり合うエキゾチックな多様体に種数0のPALF構造を与え、その違いをモノドロミーで記述する。

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ