離散幾何構造セミナー:離散群の等長作用とグラフのスペクトルギャップ (近藤剛史)

開催日時
2017年   11月 30日 13時 00分 ~ 2017年   11月 30日 16時 30分
場所
3-413
講演者
近藤剛史
 
Zukによるproperty(T)のスペクトルギャップによる判定条件や、井関納谷による固定点性質に対するWangの不変量を用いた十分条件は、いずれも離散群が等長に作用できる距離空間に制限を与えるものであり、超剛性の幾何学的研究の重要な一歩でもある。
講演の前半では、この井関納谷の定理に対するGromovのアイデアに基づく別証明を与え、後半では一つの応用例として、PGL(3,Q_p)の格子が非正曲率リーマン多様体の基本群になり得ない群の例を与える(これはGromovのある予想の反例でもある)ことについてなるべく予備知識を仮定せずに理解できるように解説する。

DGS Seminar 近藤剛史 (Takefumi Kondo, Kagoshima University), 離散群の等長作用とグラフのスペクトルギャップ.

関連項目
,

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ