表現論セミナー 古典型リー代数の冪零対と歪グラフの対応について

開催日時
2014年   1月 29日 16時 30分 ~ 2014年   1月 29日 16時 50分
場所
理学部3-413
講演者
芝田 涼氏(北大・理)
 
本講演では, 古典型リー代数の冪零対と歪グラフの対応について述べる.

おおまかに言うと, 冪零対(nilpotent pair)とは半単純リー代数の互いに可換な2つの冪零元の組のことであり,
ある条件を満たす有限集合からなる向きの付いたグラフが歪グラフ(skew-graph)である.

この歪グラフと冪零対についての主定理を述べるためにいくつか必要な定義を述べる.
主定理を紹介した後は sl(V) での具体例を考察する.


関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ