数理科学セミナー:2次元格子上の量子ウォークの極限定理

開催日時
2020年   2月 13日 16時 30分 ~ 2020年   2月 13日 18時 00分
場所
理学部3号館3-210
講演者
町田 拓也 氏(日本大学)
 
概要:本講演では、2次元格子上で運動する4状態量子ウォークにおいて、量子ウォーカーを各々の位置に観測するための確率分布に注目し、それに対する長時間極限定理を紹介する。先行研究であるGroverウォークの極限定理を紹介した後、Groverウォークとは異なる2種類の量子ウォークの極限定理を紹介する。
Groverウォークでは確率分布に局在化が生じ得るが、これら2種類の量子ウォークにおいては局在化は生じない。紹介する内容は、Machida et al. [1]に基づく。

[1] Machida T., Chandrashekar C. M., Konno N., Busch Th.: Limit distributions for different forms of four-state quantum walks on a two-dimensional lattice, Quantum Information and Computation, Vol.15 No.13&14, pp.1248-1258 (2015)

(世話人:坂井 哲)

 

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ