数理物理学セミナー ギブス測度によるスピンボゾン模型の基底状態の解析

開催日時
2012年   10月 12日 15時 00分 ~ 2012年   10月 12日 16時 00分
場所
理学研究院3号館3-307    
講演者
廣島文生(九州大学)
 
概要 

UV/IRカットオフをいれたスピンボゾン模型の基底状態の解析をおこなう。

はじめに経路積分をつかって基底状態の存在と一意性を示す。

次に基底状態に付随した確率測度をジャンプも許すパス空間上に構成し、それがギブス測度であることを示す。

最後にこのギブス測度を利用して、基底状態のゆらぎの評価や、解析接続をつかってガウス型減衰性とボゾン数の超指数減衰性を証明する。また基底状態に関するある物理量の期待値をvan Hove 模型の基底状態のそれで表す(van Hove 表現)。

本講演の主定理はジャンプも許すパス空間上のギブス測度の構成にあり、それは有限体積ギブス測度の局所弱収束極限として構成される。  ( arXiv:1209.5521)


関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ