数理物理学セミナー:量子ウォークの漸近的速度

開催日時
2015年   10月 27日 16時 00分 ~ 2015年   10月 27日 17時 30分
場所
理学部3号館 3-210
講演者
鈴木章斗(信州大学)
 
概略:離散時間1次元量子ウォークの漸近的速度作用素を、平均速度の強極限として導く。
その副産物として、弱収束定理、局在化、線形的広がりなどの量子ウォークの基本的性質が得られることを説明する。

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ