幾何学コロキウム 「自由落下と光の伝播で構築される時空の幾何学」

開催日時
2013年   1月 29日 10時 30分 ~ 2013年   1月 29日 12時 00分
場所
北大理学部3-205講義室
講演者
花見仁史 氏(岩手大学人文社会科学部)
 
氏は宇宙物理学がご専門で,一般的な微分多様体から出発して,
1)光の伝播する時空は局所ミンコフスキー的であること,
2)自由落下する物体は(射影的)測地線をなすこと,
3)(射影的)測地線は光円錐内に留まること,
などを要請した時空の幾何学の公理論的構成について解説していただきます.


関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ