幾何学コロキウム 向き付け不可能曲面の写像類群の表示について

開催日時
2016年   6月 17日 16時 30分 ~ 2016年   6月 17日 18時 00分
場所
3号館204室
講演者
大森源城(東京工業大学)
 
曲面の写像類群とは、その曲面の自己微分同相写像のアイソトピー類からなる群である。向き付け可能曲面の写像類群の有限表示はHatcher-ThurstonやWajnrybによって求められ、その有限表示を用いてGervaisやLuoは単純な無限表示を構成している。
一方、向き付け不可能曲面の写像類群の有限表示はその曲面の境界成分数が0か1の場合にParis-SzepietowskiやStukowによって求められている。本講演では、既に知られている向き付け不可能曲面の写像類群の有限表示を用いることで得られる単純な無限表示について紹介する。


関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ