戸松玲治(とまつれいじ/TOMATSU, Reiji)

戸松玲治
身分
准教授
所属
大学院理学研究院
研究分野
作用素環論
研究内容

実数群のvon Neumann環への作用(flow)や量子群の作用に興味を持っている.
具体的には,Rohlin flow,離散量子群の従順性,エルゴード作用,ポワソン境界,コンパクト群の作用などについてこれまで研究してきた。

主要論文

1. T. Masuda and R. Tomatsu,
Classification of minimal actions of a compact Kac algebra with amenable dual,
Comm. Math. Phys. 274 (2007), no. 2, 487-551.
2. R. Tomatsu,
A characterization of right coideals of quotient type and its application to classification of Poisson boundaries,
Comm. Math. Phys. 275 (2007), no. 1, 271-296.
3. R. Tomatsu,
A Galois correspondence for compact quantum group actions,
J. Reine Anguew. Math. 633 (2009), 165-182.
4. T. Masuda and R. Tomatsu,
Approximate innerness and central triviality of endomorphisms,
Adv. Math. 220 (2009), no. 4, 1075-1134.

研究者総覧

http://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.32NsfNLKp66eEMJE.2MMvQ==.html

キーワード
, , ,
個人のWebPage
http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~tomatsu/
学生へのひとこと
理解できるまで考え続けましょう。 どうしても分からなければ他人に聞きましょう。