長山雅晴(ながやままさはる/NAGAYAMA, Masaharu)

長山雅晴
身分
教授
所属
電子科学研究所
研究分野
応用数学
研究内容

我々の研究目標は、数理モデル化と数値計算,数理解析を用いて、
非線形現象のメカニズムを数理的視点から理解することです。
例えば、液滴や粒子の運動、化学反応、細胞動力学の研究をしています。

主要論文

M.Nagayama, M.Yadome, N.Kato, J.Kirisaka, M.Murakami and S.Nakata, “Bifurcation of self-motion depending on the reaction order”, Physical Chemistry Chemical Physics, 11(2009) 1085-1090.

M.Nagayama, S.Nakata, Y.Doi and Y.Hayashima, ” A theoretical and experimental study on the unidirectional motion of a camphor disk “, Physica D, 194(2004) 151-165.

M.Mimura and M.Nagayama, “Nonannihilation dynamics in an exothermic reaction-diffusion system with mono-stable excitability”, CHAOS 7(4) (1997) 817-826.

研究者総覧

http://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.Q5L0LOS5pKNYRE2O64rNRw==.html

キーワード
, ,
学生へのひとこと
数学という学問が自然現象や生命現象の理解に役に立つ面白さを一緒に感じてみましょう!