小林政晴(こばやし まさはる/KOBAYASHI, Masaharu)

小林政晴
身分
准教授
所属
大学院理学研究院
研究分野
調和解析
研究内容

私の専門分野は解析学です。特に、調和解析学、実解析学と呼ばれる分野に興味を持ち、これまで研究を行なってきました。大まかに述べると、関数が持っている様々な”量”を調べて、関数の性質(例えば、有界性、連続性、微分可能性、可積分性など)を研究し、さらに関数に作用素を施すと関数が持つ”量”がどのように変化するのかを調べています。”量”を計るために、様々なノルム
(または、ノルムにより定められる関数空間)を用います。
私は、1980年頃オーストリアのH. Feichtinger氏により導入されたmodulation空間に興味を持ち、modulation空間の立場から擬微分作用素や偏微分方程式に関連する作用素を研究しています。

主要論文

[1] M. Kobayashi, M. Sugimoto, The inclusion relation between Sobolev
and
modulation spaces, J. Funct. Anal. 260 (2011), 3189–3208.

[2] K. Kato, M. Kobayashi, S. Ito, Estimates on modulation spaces for
Schrödinger evolution
operators with quadratic and sub-quadratic potentials, J. Funct. Anal.
266 (2014), 733–753.

[3] J. Cunanan, M. Kobayashi, M. Sugimoto, Inclusion relations between
Lp-Sobolev and Wiener amalgam
spaces, J. Funct. Anal. 268 (2015), 239–254.

研究者総覧

http://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.zve4cg-VS1dKbENMkEXF4A==.html

キーワード
学生へのひとこと
どちらかと言うと、私は大学入学前ではなく大学入学後に数学が好きになった人 間です。数学に興味がある人、数学が好きな人はぜひ北海道大学理学部数学科に来てください。