本多尚文(ほんだなおふみ/HONDA, Naofumi)

本多尚文
身分
教授
所属
大学院理学研究院
研究分野
代数解析学
研究内容

代数解析学は、解析と代数を融合して種々の問題を考察するという、日本人の手によって始められた、真に独創的な(誇るべき)仕事の1つである。私の研究は、その中の、不確定特異点型の極大過剰決定系の分類問題が中心である。極大過剰決定系とは、1次元における常微分方程式系と似た性質を持った、高次元における方程式系の事で、数学の色々な分野に大きな影響を与えている。確定特異点型の極大過剰決定系は、Riemann – Hilbert 対応によって、美しい結果が知られている。これに対して、不確定特異点型はStokes現象など、全く確定特異点型とは異なった現象が発生する。これらを、高次元において研究する事は、新しい発見や面白い現象を見付ける事が出来、なかなか楽しい仕事である。

主要論文/主要著書

[1] N. Honda, T.Kawai and Y.Takei
Virtual turning points, Springer briefs in Mathematical Physics, 4,
Springer, (2015)

[2] N. Honda, J. McLaughlin and G. Nakamura
Conditional stability for single interior measurement,
Inverse Problems 30 (2014), 1-19

[3] T. Aoki, N.Honda, Y. Umeta
On a construction of general formal solutions for equations of the first Painleve hierarchy I,
Advances in Mathematics 235 (2013), 496-524

[4] N. Honda and L. Prelli
Multi-specialization and multi-asymptotic expansions,
Advances in Mathematics 232 (2013), 432-498

[5] N.Honda and G.Morando,
Stratified Whitney jets and termpered ultradistributions on the subanalytic site,
Bulletin de la Soci\’et\’e Math\’ematique de France,
139 no 3 (2011), 389-435

参考

推薦図書
メッセージ

研究者総覧

http://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.au6zv-Vq-4JCZcHeHVGJGA==.html

キーワード
, ,