栄 伸一郎(えい しんいちろう/EI, Shin-Ichiro)

栄 伸一郎
身分
教授
所属
大学院理学研究院
研究分野
非線形解析
研究内容

生態系や化学反応系など、自然界に現れるさまざまな時・空間パターンの形成メカニズムに興味があり、その背後にある構造をモデル方程式を通して数理的に理解することを目標としています。扱うモデルは主に反応拡散系と呼ばれるタイプの方程式系で、見かけは単純ですが非常に多様な解の挙動を示すことが知られていて、複雑な自然現象の何かを確かに反映していると期待して研究しています。そうしたさまざまなパターンにとにかく興味があるということが重要で、それが当研究室で学んでいく上での強い動機と意欲を与えてくれるものと考えています。そういう人を歓迎します。

主要論文

1. S.-I. Ei and E. Yanagida, Slow dynamics of interfaces in the Allen-Cahn equation on a strip-like domain, SIAM J. Math. Anal. vol. 29(1998), 555-595.

2. S.-I. Ei, The motion of weakly interacting pulses in reaction-diffusion systems, J.D.D.E. 14(1) (2002), 85-137.

3. S.-I. Ei, M. Mimura and M. Nagayama, Interacting Spots in reaction diffusion systems, DCDS 14 (2006), 31-62.

研究者総覧

http://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.8YpD3PXbUX-KM7SWChqT8Q==.html

キーワード
, ,
個人のWebPage
http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~Eichiro/
学生へのひとこと
数学を他分野に応用しようと思えば無限の可能性を持っています。 大学では純粋に学問としてだけでなく応用も視野に入れて学べば更に理解と楽しみが増すことでしょう。