新井朝雄(あらいあさお/ARAI, Asao)

新井朝雄
身分
教授
所属
大学院理学研究院
研究分野
数理物理学、関数解析学
研究内容

量子現象を支配する数学的理念・理法をあらゆる側面から探索・探究する.近年取り組んでいる主題は次の通り:
量子場と相互作用を行う量子系の数理,時間作用素の理論,正準交換関係の表現論,量子電磁力学の数学的基礎,超対称的量子場の理論の数学的構成,無限次元ディラック作用素の理論.

主要論文

(1) A. Arai, Spectral analysis of an effective Hamiltonian in nonrelativistic quantum electrodynamics,
Ann. Henri Poincare 12 (2011), 119-152.

(2) A. Arai, Heisenberg operators of a Dirac particle interacting with the quantum radiation field, J. Math. Anal. Appl. 382 (2011), 714–730.

(3) A. Arai, Necessary and sufficient conditions for a Hamiltonian with discrete eigenvalues to have time operators, Lett. Math. Phys. 87 (2009), 67–80.

研究者総覧

http://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.ralF9H266DAQcl.jlMCegw==.html

キーワード
, , , , , ,