長谷部高広(はせべ たかひろ/HASEBE, Takahiro)

長谷部高広
身分
准教授
所属
大学院理学研究院
研究分野
自由確率論
研究内容

確率論を中心にしつつ、組合せ論、グラフ理論、関数解析、複素関数論、表現論などを研究しています。特に非可換確率論(自由確率論)を研究しています。非可換確率論は上記の分野が全て融合したような分野になっており、専門をあまりしぼらずに幅広く数学が好きな学生には向いていると思います。

主要論文/主要著書

[1] T. Hasebe and H. Saigo, The monotone cumulants, Ann. Inst. Henri Poincare Probab. Stat. Vol. 47, No. 4 (2011), 1160-1170.

[2] O. Arizmendi and T. Hasebe, Classical scale mixtures of Boolean stable laws, Trans. Amer. Math. Soc. 368 (2016), 4873-4905.

[3] O. Arizmendi, T. Hasebe, F. Lehner and C. Vargas, Relations between cumulants in noncommutative probability, Adv. Math. 282 (2015), 56-92.

[4] T. Hasebe and S. Thorbjornsen, Unimodality of the freely selfdecomposable probability laws, to be published from J. Theoret. Probab.

[5] T. Hasebe and M. Yoshinaga, Euler characteristic reciprocity for chromatic and order polynomials. arXiv:1601.00254

参考

推薦図書

研究者総覧

キーワード
, , , ,
個人のWebPage
http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~thasebe/
学生へのひとこと
確率論、組合せ論、関数解析、複素関数論、グラフ理論のいずれかを得意にしている、または詳しく勉強してみたい方を歓迎します。