平成13年度 高校生のための数学夏季講座(北海道大学オープンキャンパス)

2001年08月08日

毎年8月に北海道大学体験入学の一環として開催しておりました「数学科教員による公開講座」の内容を紹介します。
※平成19年度以前の名称は「高校生のための数学夏季講座」となっております
※平成13年度の講座の内容を紹介します。平成12・13年度は春夏2回行われました。

夏季講座 : 平成13年8月8日(水)

x2+y2 の表す自然数 ‐フェルマーの夢みたこと‐

前田芳孝 (北海道大学大学院理学研究科助教授)

自然数については小学校,中学校で習い,今更学ぶことはないと思っている人が多いと思いますが,実は微分積分よりも興味深いことが潜んでいます。この請義ではその一端を紹介したいと思います。

かたちをはかる話

古畑仁(北海道大学大学院理学研究科講師)

みなさんは三角形が三辺の長さで定まる。ことをご存じでしょう。。芋い換えれば,三角形という図形の情報を敷で表現する方法を知っているということになります。では,より似雛な図形はどのようにとらえれぱよいのでしょうか。{旭形の場合を反省しながら,曲線を例にして図形を表現する方法を考えていきます。

数理ファイナンス入門

井上昭彦(北海道大学大学院理学研究科助教授)

従来,数学と関係の深い他分野というと,物理等の自然科学や工学が主なものでした。ところが,最近ではこれに金融という分野が加わるようになりました。従来の数学理論でこれに一番関係の深いのは,確率過程論です。この,数学的にも非常におもしろく,しかも (金融機関等からの) 社会的二一ズも高いという (ことで就職にも有利な?) 魅力的な新分野 (数理ファイナンスと呼ばれる) について紹介します。