平成27年度 数学科公開講座(8/2, 8/3 北海道大学オープンキャンパス)

2015年08月03日

数学科では今年の北海道大学オープンキャンパスで,下記の講座を開講いたします。
緑豊かな広いキャンパスの中で行われる大学講義の雰囲気を,この機会に是非味わってみませんか?
皆さまのご参加をお待ちしております。

自由参加プログラム(午前、午後とも同一内容の講義です)

8/2(日)
【午前の部】10:15~11:00 理学部5号館301
【午前の部】14:15~15:00 理学部5号館305

荒井 迅先生【でたらめさの数学】
確率の題材には昔からサイコロの目がよく使われます。皆さんもテストで見たことがあるでしょう。そこでは、サイコロを振って出る目は「でたらめ」であるという大前提が使われてます。毎回 6 の目を出せるのではイカサマです。でもサイコロを振って出る目は本当にでたらめなのでしょうか?また、そもそも「でたらめ」というのはどういう意味なのでしょうか?
これらの問いの先にある、面白くて役に立つ数学について紹介します。

 

高校生限定プログラム ※定員20名 事前申込み制

8/3(月) 9:00〜16:00頃

田邊顕一朗先生【群と組合せ論】
代数方程式の研究において発見された概念である群は、現代の数学の基礎的な対象となっています。このプログラムでは群の定義を説明した後、組合せ論にでてくる群の例を紹介します。群の概念を把握するきっかけとなることを目指します。