須貝忠平(2013年度学部4年)

2014年01月27日

Q. 出身校を教えてください。

北海道小樽潮陵高校です。

Q. 今どんなことを勉強していますか?

代数学について勉強していて、卒業研究では数論系の二平方和定理や体について、無理数について研究しました。

Q. 指導教員はどなたですか?

澁川先生です。

Q. 進路は決まっていますか?

北海道の高等学校の教員採用試験に合格しましたので、高校の数学教師になります。

Q. 昔から先生になろうと思っていたのですか?

小学校の高学年くらいからなろうと思っていて、それで北大を目指しました。

Q. 教職過程の授業についてはどうでしたか?

数学の授業と両立をしなければいけないのと、1限の授業から5限の授業まで入るのでなかなか大変でしたが、他学科と比べると教職課程の授業は履修しやすいと思います。

Q. 須貝さんはかなり優秀だったと思うんだけど、大学院に進学しなかったのはなぜですか?

院試を受けることも考えましたが、院に行くには院試のレポートや勉強をしなければいけないので、教員採用試験との両立が難しいと思ったのと、もうひとつは院に行ったら数学の研究の方が忙しくなるので、教員に向けての勉強が難しいかなと思ったので…
院に行ってないのでわかりませんが…(笑)
やはり院に行ったら数学は難しくなりますか?
―う~ん。まあ延長だと思いますけどね。
たぶん院に行くと講義はそれほどないので、自分の好きな事を勉強する時間ができるし、分野にもよるけど、実際の学術論文とか読んだりするので、最新の研究とかに触れる事ができるのがいいと思います。

Q. サークルには入りましたか?

1、2年生のころは軟式野球のサークルに入っていたのですが、朝練で寝不足だと授業に影響が出るのでやめました。
クラブ以外では学生ボランティアに参加していました。
学校に行って小学生や中学生に勉強の手伝いをしたり、昨日はスキー学習の手伝いをしてきました。

Q. 須貝さんは最初から数学に入ろうと決めていて迷いはなかったですか?

僕のときは総合ではなく理学部で入ったのですが、数学の他には化学にも興味があったのでどちらに進もうか迷いました。
しかし教員になって教えるとしたらやはり数学がやりたいと思った事と、数学とはどういう学問なのか興味があったので、数学科を選びました。

Q. 決めるに当たってどういうものが役立ちましたか?

全学教育のとき数学の授業についていけなくて、例えばイプシロンデルタ論法やテイラー展開などが理解できていなかったので、もっと数学を学んでみたい、基礎をしっかりつけたいと思った事と、また学部の2年生になったら数学の基礎を、基礎数学ABCという授業で学ぶことができるとわかったので、そこでもっと力をつけたいと思いました。

Q. では須貝さんにとって1年生のときにあまりできなかったのが逆に数学に来る理由になったのですね

そうですね(笑)
1年生のときにあまりできなくても、2年生で力をつけることができると思います。
そして、その演習の授業で友人と相談、協力、教え合ったり担当の先生方に教えていただいたりと、とても勉強になり楽しく学ぶことができ、1年生の頃の内容も理解できるようになりました。

Q. 数学に興味ある人に対して何かメッセージはありますか?

数学は一つのことを理解すると他の新しいことを理解でき、どんどん広く深く複雑なことも行えるようになるのでとても楽しいと思います。また紙の上で行うので派手さはなさそうに思えるのですが、実際にやってみると紙の上でも思いもよらないささいなことから解が得られたり、ダイナミックな事が起こったり、おもしろいことが起こる学問なので、興味ある人はぜひ入ってそういう体験していただきたいです。

Q. どうもありがとうございました。

どうもありがとうございました。

2014年1月インタビュー実施