学生座談会2

2016年10月03日

座談会1へもどる

――学部の授業はどんな感じ?
7

長:はじめのころはそうでもないかなって感じですかね。3年生になったらちょっと難しくなったなと思うけど、まだなんとかやっていける感じ。

大:黒板ひとつ取ってもいろんな人がいて、たまにすごい板書が速い先生がいらっしゃるんで、うしろの席になると・・・(笑)

(秘):(秘)先生とかはまじで板書のスピードは速い!

みんな:ああ!速い!速い!(笑)

佐:やってて思うんですけど、基礎数のABCDだけしっかりやってれば卒業研究とかもなんとかなると思う。

長:前期はまだなんとかなるんですけど、2年後期になると勉強についていけてるか怪しくなってくる人が増えるなあって感じです。特に位相とか始まると。

澤:でもさ、あとからわかるよね。4年生くらいになって、やっとああ~あれがあれだったんだ~みたいな。だから実感するまで時間がかかるところがね・・・

福:学科を選ぶときって、そういう4年生くらいになってわかるような、数学の楽しい、その先のビジョンが見えないから、数学やって何になるんだって思ってる人もいると思う。
5

金:理論と応用が離れすぎてるっていうか、実際の研究とかそういうものに関しても理論から出発して研究にたどり着いてるだけではなくて、何かの発見とかがあって、その研究の芽みたいのが出てくると。普通の講義だとそこら辺が全然見えないので。自分は何をやってるんだろうってみたいな状態にはなるのかなって。

澤:だから「数学の楽しみ」とか、学科ガイダンスで先生が教えてくれるのとか面白い。

金:まさにその「数学の楽しみ」で、吉永先生の講義を受けてこの人だ!と思った。

みんな:あははははは!

 

――嫌になったときや壁にぶつかったときは、どういう風に解消するの?

澤:もう嫌なんだよね、って周りに言う・・・
3

みんな:あはははははははは!!!

澤:あと、やっぱり面白いところに出会ったら、面白くて仕方ないなって思う。あとまあ、私は博士の人と結構早い段階で仲良くなる機会があって、そういう時はどうしたらいいんですかって相談したり。

福:先輩とか上の人に聞くんだ。

澤:数学って結構教えたりする学問でもあるから。上の方が話しやすいところもある。

佐:数学ってなんていうかあんまり年功序列じゃないっていうか。(上の人とも)普通に会話ができる。

金:僕の場合は、ある分野でつまずいて嫌になって別の分野やって、で何ヶ月かして、そういえばこれやってなかったって思い出して、ずっとノートとか見て、俺こんなことやってたんだなって思いながら(笑)
それでやってみると意外とできたり。できなかったり。

福:時間を置くっていうね。夜わかんねーーーってなって、とりあえず寝て朝起きたら、わかったーーー!みたいなことある。

みんな:あるある!

佐:僕はランニングに行きますね。

みんな:かっこいい!

佐:走りながら考えた方が、頭が回るんですよね。計算したりというより考え方とか、すごい、ぼーっと。

みんな:動きながら考えると良いよね。

 

――みんなが思う北大数学科の魅力ってなんですか?
dscf5867

佐:僕の場合は走るところがたくさんある。

澤:あははは!自然は多いよね、確かに。池あるしね。ポプラ並木もあるし、広いから。札幌駅も近いし。めっちゃいい。

佐:そういうのが頭の回転と無関係じゃないと思う。

福:僕の中で大きく分けて3つあるんですけど。先生が豊富っていうのが大きい。(前の大学から)こっち来たら、解析ってだけで十何人いて。偏微分方程式ってだけでも5人くらいいて、先生とか分野を選ぶのにそんなに困らないっていうか。その分授業もたくさん開講されてて、いろんな分野をまんべんなく勉強できる。やっぱその辺は北大のいいところだなと思う。
二つ目は、図書が充実してることですね。数学図書室があるなんていうのは、たぶんなかなかない。学部生は4冊、院生は無制限で借りてられるし。期間も無制限 ※。

澤:院生室なんて図書館だよ!

福:他の大学や学部の図書館にあるのってだいたい和書とか。洋書があっても数は少ないんですけど、ここは1階に洋書がとにかくたくさんあって、有名なのは何冊もあるし、マイナーなのもちゃんと抑えてあって、これはすごいって思いましたね。
2

金:本当に洋書は助かりますね。和書とかでも、参考文献で洋書が挙げられてたりするんですけど、調べたいなと思った時にちょっと行ったらここにある、ってことがよくあるので。

福:3つ目はさっきも言ったけどいろんな人が来てるから、交友関係の幅が広がる。北大に決めたのもその理由で。こういう入試形態(レポート)だし、いろんな人がたくさん来てるだろうから、雰囲気悪くないんじゃないかなって。そういう人は結構いるみたいです。他大学から来てる人は、入って行きやすそうな感じ。ホームページにも結構大きく「多様な学問背景を持つ学生を受け入れています」って書いてあったり。

金:必修がひとつしかないっていうのも、嬉しいです。

佐:僕の考えでは悩んでる人は数学科にくるべきだと思う。っていうのは、数学、気になってしまったら一生気になるんですよね。そういう魔力をもった学問で。だからここで違う学部行っても、絶対にいつかやりたいって思う。

金:卒論もないしね。

澤:そうだよね、ポスター発表はすごくいいと思う。

福:それはちょっとびっくりしました。(自分は)大学卒業するとき卒論60ページくらい書いたよ。

みんな:えー!

――時間も使いやすいのかな?4年生になるとあとは卒研だけって人もいるよね。

澤:時間拘束はほんとに全然ないと思う。自由ですよね。


①貸出期間は原則として1ヶ月。他の利用者の予約等がなければ、引き続き利用可能(自動延長)。
②自動延長となった図書は、年2回の図書チェック期間中に手続きが必要。

1へもどる
3につづく