卒業生の声 蓮井美希さん(2013年修了)

みなさんこんにちは。私は高校を卒業後、津田塾大学学芸学部数学科で学び、修士課程から北海道大学に来ました。そして修了後は、民間企業でフィールドSEとして働きます。

私は高校時代から教員になりたいと考えていたものの、学部時代に広がった世界を前にして、大学4年間では自分の将来を決めきれませんでした。そのような中で決めた大学院進学でしたが、北大数学専攻は私に良い環境を与えてくれました。私のセミナーが先生とマンツーマンということもあり、日頃の勉強や研究の指導以外にもたくさん相談に乗っていただきました。また同じ数学専攻の先輩との交流もあり、その中から受け継いだ私立高校の非常勤講師のアルバイトでは、教員と民間企業の両方を学ぶことができました。このような経験もあって、民間企業への就職を意識し、就職活動を始めました。みなさんの中には「北大に進学すると地方ということもあって就職活動が不利になる」と気にしている方もいるかもしれませんが、多くの頼りになるOBの先輩たちのおかげで、私には案外有利だと感じました。

結果として、教員ではなく民間企業に就職するというかたちで、自分の将来を決めることができました。みなさんも社会に出る前に数学で「考え抜く力」を鍛え、将来についても考えぬく大切な時間を過ごしてみませんか?