越坂部恭史(2006年度修士2年・数理科学系)

photo

Q. 出身高校と出身大学を教えて下さい。

出身高校は東京都立国立高校です。大学は北海道大学の数学科です。

Q. 北海道の大学を選んだのは何故ですか?

親元を離れたかったのと、東京の人の多さがあまり好きではなかったので。

Q. 北大の大学院に行こうと思った理由は何ですか?

大学4年生くらいの時に進路を考えた時、数学科は卒論がないじゃないですか。学部の時あまり勉強しなかったので、卒業して就職するにしても「自分がこういう事をやった」という成果が一つもないなと思って。じゃあ修士まで行ってひとつ論文を書いて、成果が残せたら良いなという思いがありました。

Q. 北大の大学院理学院の試験はどうでしたか?

自分ではダメだと思いました。大学院の試験は面接だけだったんですが、僕は3年生の前期にすごく単位を落としてまして、4年生の前期もその授業をかなり取っていて、院試前日もテストを2つ受けるという感じだったので、準備がぜんぜんできませんでした(笑)。

面接で質問されて黒板使って答えるんですが、「ちょっと違うね〜」と試験官の先生に言われたりして、終わった後はダメだと思っていました。今はできないけど、入ってからは勉強します、とはちゃんと言ったと思います。

Q. 大学院理学院で学んだ事で、就職活動に役に立ったことはありますか?

院生になると、面接では大学院で何を研究しているかと聞かれる事が多いので、もし自分が学部生で就職活動していたらちゃんと喋れなかったと思います。そのへんをきちんと説明できたのは良かったと思います。何か一つ専門的に学ぶという経験が、就職活動するときに自信になったと思います。

Q. 資格試験はどうでしたか?難しかったですか?

結果はダメでした。学部の時にしっかり基礎を身に付けていたら、たぶんちゃんとできると思います。僕も含めて落ちている人が多いので、もう少し基礎学力を学部の時にしっかり身に付けた方が良いと思います。

Q. 現在はどんな研究をされてますか?

非線形の微分方程式にノイズを入れたようなものを研究しています。不定期に先生から進み具合を聞かれるという感じです。関連した論文と、基礎的な教科書を勉強しています。

証明とかをガツガツやるのは、やりたくなかったので、今は主に数値計算です。

Q. どうして津田先生の研究室を選んだのですか?

津田先生のセミナーに参加して。その時は数値計算はやっていませんでしたが、ただ本を読みながら。「脳とカオス」という本です。内容はあまりよく解らなかったんですが、その時の津田先生の話が、勉強に関わらず色んな話しをして下さったので、そういうのは面白いなと思って、津田先生の研究室を選びました。数学で何かを研究したいという希望は、あまり無かったです。

Q. でも学部は数学専攻に受験して入ってますよね?それは何故ですか?

その時は教員になろうと思っていたので、数学の教員免許を取るためです。北大では、数学の教員免許を取れるのは数学専攻だけだったので。

Q. 教員免許は取りましたか?

取りました。教員になるのはやめましたが(笑)。

Q. 北大の大学院に進学を考えている学生に,アドバイスはありますか?

北海道の良い所は、全体的にのんびりしている所だと思います。それと自然が良いですね。東京だと作られた所で遊んでいる感じですけれど、こっちはただ海・山へ行くだけで結構面白いです。そういうのはいいなぁと思います。

北大の数学教室については、学部の時は思わなかったんですが、やはり修士になってからは勉強する環境がすごく良いと。それと、学部の時はあまり先生と喋ったりしなかったんですが、喋ってみると色々教えてくれます。縦や横のつながりも、色んな人と話すようになるので、学部の時とは比べ物にならないほど院生になってからの方が深まりました。

院生になる為の準備に関しては、学部のうちに基礎力を身に付けておく事です。それと、遊ぶなら学部のうちにガツッと(笑)。院生になったら勉強する方向に向かってゆくと思うので、基礎だけは身に付けつつ、しっかり遊んでおくと良いと思います(笑)。

2006年(平成18年) 5月インタビュー実施