西濱佳那(2005年度修士2年・解析系)

Q. 就職が決まられたとお聞きしましたが,どういう仕事ですか?

SEです。様々な企業や官公庁の仕事を調子よく進めるためのシステムを作る仕事です。

Q. 出身高校はどこですか?

函館中部高校です。

Q. 北海道出身だから北大を選んだのですか?

それは大きいですね。

Q. 数学科に入ろうと思ったのは何故ですか?

高校の時に数学と物理が好きで,その共通部分ができたらおもしろいかなと思って。

Q. 北大の院も学部の続きで?

そうですね。

Q. 学部の時はどのような生活を?

先輩達が声をかけてくれて勉強会をやったり,友達とも自主ゼミをやったりしていました。

数学って1人でやるのが中心かと思っていたのですが,大学に入ってからは,セミナー等で人と一緒に話しながら勉強する機会が多くあり,それが楽しかったですね。

Q. 大学院の修士に入ったきっかけは?

学部が北大だったんですが,そこでやっていたゼミがおもしろくてその延長ができるかなという事で進学しました。

Q. そのゼミは修士の研究室の先生と同じですか?

そうですね。

Q. 数学以外では何かやってましたか?

サークルでピアノをやってました。

Q. 修士課程での勉強はどのように良かったと思いますか?

私の所属している偏微分方程式のグループは人数も多く仲もいいと思うので,気持ちが萎えている時でも色んな人が声を掛けてくれます。そういう面で色んな人に助けられていると思います。

また, 修士に上がって色々なセミナーやシンポジウムなどに出席する機会が多くなったのはおもしろいですね。国内外から色んな方が来るじゃないですか。英語は苦労しますけど。

Q. 他の分野の人たちとの交流は?

あります。個人レベルでは,学部の時から普通に友達として交流があったので。ちなみに学部の時にやった自主ゼミというのは幾何の人と代数の人と三人でのものでした。ゼミでなくとも,気軽に質問し合える雰囲気はあると思います。

Q. 修士にいて就職活動に有利だった面は?

研究内容について聞かれた時に,学部の時は研究というより勉強という雰囲気ですが,修士でより深く学んだお陰でそれらしく話をする事ができたという点と,(就職が)決まってから先日懇親会に行ったのですが学部生よりも院生の方が多いように感じました。面接の時は意識しませんでしたが,入ってから,院生であることが有利に働いたのかなという思いはありました。

Q. 就職活動はどのような感じでしたか?

大学の就職合同セミナーというのがありまして,それが秋頃から始まるんですよ。私も学校のスタートと一緒に始めました。東京での就職希望でしたので,東京に面接に行き始めたのは2月の中頃です。最終的に決まったのは4月の中頃ぐらいなので,バタバタと行き来したのは2ヶ月間ぐらいですね。体力がいるなぁと思いました。あと,細かいアドバイスですが,東京と行き来しようとすると非常にお金が掛かってしまうのでそれはあらかじめ用意しておいた方がいいと思います。

Q. これから東京に移るにあたっての心配は?

気候は心配ですが。

Q. 北大は特徴として資格試験という他大学にはあまりない制度がありますがいいアイディアだと思いますか?

いいアイディアだと思います。学部の時から資格試験を意識して勉強しようという雰囲気もあったりして。なので結構効果的だと思います。

Q. 進学を考えている学部生にアドバイスを。

自分もあまり人の事はいえませんが,偏微分方程式の分野がやりたい,というようにやりたいことが漠然としている人が多い気がします。でもそれよりはもうちょっと,より絞って来た方が修士での勉強計画を立てやすいという気はします。北大では学部の時に色んな先生方が自分の研究内容を簡単に紹介するという授業がありましたよね?私もそれを聞いて参考にした面もあるのでそういう機会に積極的に参加するといいのではないかと思います。

2005年(平成17年) 6月インタビュー実施