矢萩大樹(2006年度修士2年・数理科学系)

photo

Q. 出身高校と出身大学を教えて下さい。

出身高校は北海道の北見北斗高校です。大学は北海道大学です。

Q. 現在はどんな研究をしているか,簡単に説明して下さい。

興味を持っているのは数値計算です。いまは特に流体に対しての数値計算を研究しています。先にスペクトル法をやっていたのですが,これからは粒子法による数値計算をやってみようかなと思っています。

Q. この分野を選んだのは何故ですか?

数値計算については学部生の頃から興味を持っていて,学部2年の後期から既にそいういうセミナーを取っていて,それでやはり面白いなと思って,そのまま続けていこうと思いました。

Q. 大学に入った時から数値計算に興味があったのですか?

そうですね。数学科に入る時点で,ある程度興味を持っていて,教養部の授業の時でも数値計算関連の授業があって,そういうものを取っていました。

Q. 高校の時は数値計算に興味があったのですか?

実際には数値計算に関することは何もしてなかったのですが,数学科のパンフ
レットや高校の先生からそういう数学の分野もあるということで興味はありました。

Q. 将来の進路について何か考えていたら教えて下さい。

僕はどちらかというと研究者ではなくて,技術者の方へ進もうと思っています。数学の大学院に進学したのも研究者になるためではなく,数学を背景にした技術者のスキルを身に着けるためです。

Q. その点に関して北大の大学院に進んで満足しましたか?

そうですね。はい。

Q. 北大の大学院に進学を考えている学生に,アドバイスはありますか?

夏でも夏バテせずに勉強できるのが良い所です(笑)。冬は移動は辛いかもしれないですけど,建物の中に入ってしまえばそんなに苦痛じゃないので,まったく勉強には差し障りはないと思います。

大学院に進んで感じたのは,数学の場合,学部の時は研究室がないので,研究室ができると同じ部屋の人同士で刺激を受けたりディスカッションしたりできるというのは大きなメリットです。

それとやはり,基本的な微分積分や線形代数は本当に重要だなと今になって思っています。

2007年(平成19年) 1月 インタビュー実施