田岡卓馬(2009年度修士1年・解析系)

photo

Q. 出身高校と出身大学を教えて下さい。

出身高校は帯広大谷高等学校です。大学は公立はこだて未来大学です。

Q. 修士で研究している内容を教えて下さい。

解析学の偏微分方程式を勉強しています。

Q. 大学院に行こうと思った理由は何ですか?

もともとの出身大学が情報系で、それにもともと数学が好きでした。大学3年生の時に数学の先生のプロジェクト学習というもので、数学の先生の所について、そこで初めてイプシロン論法とか数学科でやるような内容を勉強したのがきっかけです。もっと深く勉強したいなと思って、数学の大学院への進学を決めました。

Q. なぜ解析学の偏微分方程式を研究しようと思ったのですか?

分野については、はこだて未来大の先生が偏微分方程式が専門だったので、偏微分方程式を選びました。

Q. はこだて未来大から北大に進学したのは、あなたの学年では一人ですか?

そうですね、数学に進学したのはぼくの学年では一人です。

Q. 北大の大学院を選んだのは、はこだて未来大の先生にすすめられたからですか?

そうです。それに北海道にあったという…(笑)。

Q. 入試についての感想を教えて下さい。

実際に面接で発表するときはずっと緊張していました。

Q. 資格試験はどうでしたか?

1年生前期に1つ受けました。難しかったです。

Q. 学部と大学院とで違いを感じた事があったら教えてください。

学部の頃は数学ではなかったので、周りに数学をやっている人がほとんどいなかったです。勉強も先生と一対一みたいな感じでした。今は周りはみんな数学をやっている人ばっかりなので、解らない所をきいたり、数学の話ができて面白いです。

Q. 将来の進路について何か考えていたら教えて下さい。

まだ具体的には決まっていないです。

Q. 後輩に向けてアドバイスがありましたらお願いします。

他大学から北大の数学科に来たいと思っている人は、たぶん基本的な事が抜けていると思うので、そこをしっかり勉強しておいた方が良いと思います。

Q. 北大の印象はどうですか?

環境に関しては、広くて緑も多いので、たまにブラブラすると良い気分転換になります。

Q. セミナーはどんな感じですか?

他の人のセミナーを見た事がないので比べてどうなのかは解らないんですけれど…。実際に本を読んで、その内容を発表します。ちょっとでも曖昧な部分があるとそこを突っ込まれて止まってしまう事もあるので、しっかり読もうと思っています。

Q. どうもありがとうございました。

こちらこそありがとうございました。

2009年(平成21年) 10月 インタビュー実施