梅田陽子(2006年度修士2年・解析系)

photo

Q. 出身高校と出身大学を教えて下さい。

出身高校は札幌北高校です。大学は東京理科大学です。

Q. 北大の大学院に行こうと思った理由は何ですか?

純粋に数学が勉強したくて院は希望していたんですけど、4年生の時の研究室の先生がもう退職なさるという事を知らないで入ってしまって、大学院には行けないという事になりまして。それで実家が北海道だったのと、北大が一番試験日が早かったので、たぶん落ちると思いながらも受験しました。

Q. 北大の大学院理学院の試験はどうでしたか?

院試の1週間前まで私が担当のゼミがあって、準備がぜんぜんできないままバタバタした状態で受けてしまいました。先輩もいなかったので院試の形態がわからなくて、面接の時にあんなに先生方がズラっといることを知らなかったので、入った瞬間に真っ白になって名前も言えなかったんです(笑)。質問されても緊張して答えられなくて先生の方が困っている感じで、もう落ちたなと思っていました。

Q. 現在はどんな研究をされてますか?

代数解析の、佐藤超函数を学んでいる最中です。指導教員は本多先生です。

Q. 何故その分野を選んだのですか?

ものすごく数学が好きだったので、大学3年生までは全部の分野を科目で取ってたんです。その時までは、代数なら代数、解析なら解析と分野がはっきり分かれていて、代数解析のように融合されているという事がわからなかったんです。その時に複素函数論を勉強して、代数を勉強して、4年生の研究室はどうしようかと考えていて、参考文献を色々見ていたら、解析の文献にホモロジー代数が出てきていて、理論と理論で代数解析理論が生まれたということに感銘を受けました。代数解析を志望したんですが、ぜんぜん基礎ができていなくて、1年から3年生まで理解したつもりで進めてしまっていて、実は理解していということに4年生で気づきまして、大学院1年生の時も学部の内容の基礎勉強ばかりやっていて、はっきり言ってまだ研究に深く入っていけないという状態です。

Q. 就職活動はしていますか?

photo

全くしていません。博士過程に進学希望で、本多先生とも話し合っているんですが「修士で3年やってダメだったら諦める」と決めています。

Q. それでは少なくとももう1年、修士過程で勉強するんですね?

そうです。それで就職活動はしませんでした。

Q. 北大の大学院に進学を考えている学生に,アドバイスはありますか?

他大学から来たので知らない人ばかりで不安だったんですが、暖かく迎えてもらいました。院生室など内部で交流する機会もあり、皆すごく優しい方ばかりです。他大学からもぜひ来てほしいです。

東京だと緑が少なかったので、自然がいっぱいあると安心します(笑)。ゆったり勉強するには良い環境です。

それと、院生は図書館の本が無制限に借りられるのに感動しました。

あとは、資格試験に苦労してますので、学部の内容はちゃんとやっておかないといけないという事を改めて実感しています。

2006年(平成18年) 5月インタビュー実施