廣瀬大輔(2005年度修士2年・代数系)

Q. 出身高校と出身大学は?

photo

出身高校は静岡県の富士高校です。大学は北大でした。

Q. 大学院では何を勉強していますか?

代数系の代数幾何学,可換環論です。

Q. 大学院の修士課程に進学したきっかけは?

学部の頃はあまりいい学生ではなくて(笑)セミナが始まった頃から頑張りだしたのですが,やってみると全然わからないんですね。

4年の夏,大学院に行くか行かないかという時期に,このまま卒業したら何やってきたかわからなくなっちゃうなと思い,もっと先端の分野を見てみたいというのが正直なところです。

Q. どうして代数という分野を選んだのですか?

中村郁先生の講義を受けた事があって,環論,体論の最初だったと思うのですが,漠然とおもしろそうだなと。それでセミナを決める時に代数系のセミナを選んだのがきっかけだったと思います。

Q. 静岡県から北海道大学を選んで,大学院も北大というのはやはり北大が良かったからですか?

はい,そうです。

Q. どんなところが良かったんですか?

あまり数学と関係ないのですが,自然とか立地条件が良かったこと。それに,セミナで松下先生にずっとついていたので,そのまま移行した方がある程度自分の実力というか現状を知ってらっしゃるので,入院後の勉強がスムーズに行くのではないかなと思い北大の院を選びました。

Q. 修士課程に入って,勉強以外に良かった事は?例えば,他分野の人との関わりなど。

学部の頃は,どこの大学もそうだと思いますが,自分専用の机がないので大学に行く機会はセミナか授業になってしまうんですね。セミナだと分野が同じなので,そこの中だけで交流が深まるとすごい狭い世界で交友関係ができてしまって,それはそれでいいんですけど。講義だと他分野の人もいるのですが,場所が講義室なので次の授業が始まったら出なきゃならなくてあまり交流面では良い環境ではないと。

ですが,修士に入ったら自分の机がもらえて,院生部屋が割り当てられて,僕はそれだけで大きなメリットだと思うのですが(笑)というのも,院生部屋は色んな分野の人をランダムに入れてくれるので,他分野の人とも話ができてわからないところを教えてもらったり,逆に自分の分野の説明をする事もあり自分の知識が相乗的に補われることが期待できるかなと。楽しい,飲み会ができる,ジンパができる(笑)

Q. 修士課程後に就職する人もいるし,その後更に博士課程に進む人もいますが,(廣瀬さんは)博士課程進まれるという事でそれはどうして?

修士に入って勉強してきて段々できるようになると楽しくなってきまして。後,北大での研究集会やシンポジウム,他の場所で行われたシンポジウムや若手研究集会に行く機会を与えてもらえて,ドクタの人たちと話しているとめちゃめちゃ楽しそうにしていてかっこいいんですね。進学の理由はその憧れというのが一番大きかったと思います。自分も早く自分しかやっていない事を研究できたらいいなと思っています。

Q. 北大の修士で良かった事は?

COEで若手研究集会を2月に開いてもらって,それは色んな大学のドクタ位の方が来て自分の研究していることを発表するという集会なのですが,その時に僕の分野を研究している方も何人か来て下さって,発表自体はわかるのもあるしわからないのもあるんですけど。その後に松下先生がその方々と食事する機会を与えて下さって,その時にどうやって自分の研究テーマを決めたのか,修士の時に何をやっていたのか,年の離れた人には聞けない質問をする機会があって勉強になりました。

もちろん研究集会自体も聴講していて楽しかったのでこれからも是非続けていただきたいなと思います。

Q. 修士課程進学を希望する学生にアドバイスを。

僕みたいにあまり勉強しないで,学部時代に十分できないまま修士に入ってくる方もいるのではないかと思うので,(そういう方へのアドバイスとしては) 多分,そろそろ焦りだして勉強しだすと思うのですが,僕はその時期全ての分野をまんべんなくやってくのは間に合わないと自分の専門に絞ってセミナを専念して過ごしましたが,今そろそろ論文書かなきゃならない時期になって,他の分野のアイディアをちょっと借りて使えないかなってことが今できなくて,すごい参ってるんで・・・。

Q. 学部の時は分野を限定しないで色々勉強した方がいいと?

そうです。修士になったら一つの事に集中できる時間はあるので。学部の頃は焦らず色んな講義に出て板書してるだけでも脳に何か残るはずなので,それが後で熟成されて出てくるかもしれないのでやっておいた方がいいと思います。

2005年(平成17年) 5月インタビュー実施