山野井隆晃(2006年度修士1年・代数系)

photo

Q. 出身高校と出身大学を教えて下さい。

出身高校は札幌旭丘高校です。大学は北海道大学です。

Q. 北大の大学院に行こうと思った理由,それと北大の大学院を選んだ理由は何ですか?

まず一番の理由は,家庭の事情もあり,家から近いというのがありました。自分としては,今後も数学を研究したいと考えているので,大学に入ったら大学院に進もうと思っていました。北大は,勉強するには大変良い環境だと思います。それで北大の大学院に進む事にしました。

Q. 研究環境が良いというのが北大の良いところですか?

他の大学を見た事がないので解らないですが,自分にとっては非常に良い所です。

Q. 現在はどんな研究をされてますか?また,何故その分野を選んだのですか?

いまは代数幾何という分野に携わっています。学部2年生の時に,代数の可換環論の講義を受けた事があり,その時に代数幾何という分野に密接に関わっているんだという話を聞いて非常に興味を持って,それから代数に興味を持つようになり,大学院に入って代数幾何を本格的に学ぶ事になりました。

Q. 指導教員はどなたですか?

指導教員は松下先生です。可換環論の講義をされていたのも松下先生です。

Q. この分野を選んだのは,先生に魅せられたというのもありますか?

はい,あります。

Q. 将来の進路について何か考えていたら教えて下さい。

今の所は,博士課程に進んで,そのまま研究者の方向に行きたいと思っています。

Q. もう修士論文のテーマはもう決まっていますか?

まだ準備段階で勉強が足りないので,決まっていないです。

Q. 北大の大学院に進学を考えている学生に,アドバイスはありますか?

学部のうちは,なるべく好き嫌いせずに色んな講義を取っておく事をおすすめします。自分の分野に関係ないと思っていても,進んでいくとどこかで出て来たりする事がよくあるので。その時に,一度見た事があるかまったく知らないかでは全然違うので,自分の専門にこだわらずに色んな分野を勉強しておく事をおすすめします。

Q. 北大の大学院理学院の試験はどうでしたか?

緊張はしましたね。いつものセミナーと違って沢山先生がいらっしゃって,
何か質問されても頭の中が真っ白になるという(笑)。

Q. それでもけっこう上手く答えられたのでは?

かなり危なかったです(笑)。

Q. 資格試験はどうでしたか?

当たり外れはあると思いますが,そこまで難しい印象は受けなかったです。ただやっぱり,学部の時にしっかり勉強しておくのが良いと思います。

Q. 学部と大学院の違いがあったら教えて下さい。

色んな方の集中講義や講演を聞くようになって,研究と勉強の違いはだんだん意識するようになってきました。研究するというのはこういう事なんだ,というものは見えて来たと思います。大学院に入ると自分の専門にさける時間が増えて,その分深く勉強できるという感じがします。

2007年(平成19年) 1月 インタビュー実施