山本 孝(2007年度修士2年・解析系)

photo

Q. 出身高校と出身大学を教えて下さい。

出身高校は札幌開成高校です。大学は北大です。

Q. 修士で研究している内容について教えて下さい。

専攻している分野は調和解析です。修論のテーマは多重線形な場合の特異積分作用素についてです。

Q. 修論はもうすぐ提出ですが,ほぼできあがりましたか?

まあ大体できてるというぐらいです(笑)。

Q. なぜ大学院に行こうと思ったのか,そして北大の大学院を選んだ理由を教えて下さい。

北大を選んだのはやはり学部も北大ですから勝手がわかるという事がありました。あとは,数学がもっと勉強したくて修士課程に入ったという感じです。

Q. 調和解析を研究されてますが,何故その分野を選んだのですか?

正直言うとあまり深い理由があったわけではないんですけれど,学部の時のセミナーでやっていた事を使って出来るような分野に進もうと考えていて,それで調和解析をやってみようかなと思いました。

Q. 学部のセミナーをされていた先生と,今の指導教員は同じ方ですか?

3年生の時のセミナーの先生が,今の指導教員です。

Q. 修士になってからの勉強は院生室でしていましたか?

僕は院生室に毎日来て,そこで勉強していました。

Q. 学部の時と修士の時との生活や意識の違いがありましたら教えて下さい。

意識がそんなに変わったかは解りませんけれども,生活面では,修士になって部屋と自分用の机を一つ割り当てらるのがすごく良いと思います。他の大学の事は解りませんが,北大の場合は数学科の学生に机とかが割り当てられないので学校に残って勉強しにくいです。それに比べると修士の場合は割り当てられた机でじっくり勉強もできるし,部屋に来る他の人達と数学の話もできたりして,すごく良い環境だと思います。

Q. 北大の良い所を教えて下さい。

北大以外が解らないので比べる基準が無いんですけれど,通っている身としては,交通の便が良い,というのは良いと思います。それと,他の方も言ってらっしゃいますけれど,自然が多くキャンパスの環境は良いと思います。

Q. 北大の大学院理学院の面接試験はどうでしたか?

普段のセミナーと比べて,先生方の数が多いので,普段発表できていてもいざ本番になるとつまってしまいそうになる事はありました。なるべく平常心を保つように心がけてましたが,うまく行ったかどうかは何とも言えません(笑)。

Q. 質問が来たら上手く答えられましたか?

答えられる内容の質問だったので,きちんと答えられたつもりです。

Q. 資格試験に関してはどうでしたか?

受けた科目は合格しました。学部の時の勉強をきっちりやるという事が大切だと思います。

Q. 将来の進路を教えて下さい。

内定をいただいていて,4月から道内で会社勤めです。

Q. 就職活動は大変でしたか?

僕は他の人よりスタートが遅かったのでそのへんがちょっと大変でした。

Q. 修士に進学した事で就職活動にメリットになった事はありましたか?

学部卒だと,研究分野をアピールするのが結構大変ではないかと思いました。修士に来ていれば何か一つテーマがあってそれに向かって研究しているというのがあるので,自分で深く勉強したことをプレゼンできるのはメリットだと思います。

Q. 北大の大学院に進学を考えている学生に,アドバイスはありますか?

修士に来るのであれば,それなりにきちんと勉強して来た方がよいと思います。あとは,学部の講義を分野を選ばないで色々取ってみるのが良いと思います。僕は学部の時に解析系の科目ばかり取っていたんですけれども,大学院に来て勉強を始めると他の分野の知識を使ったりする場合がありました。それを考えると,学部の時は好き嫌いしないで色々勉強するのが良いんじゃないかと思います。

2008年(平成20年) 1月インタビュー実施