山下達也(2009年度学部3年)

photo

Q. 出身高校を教えて下さい。

出身高校は私立札幌光星高校です。

Q. 数学科を選んだ理由、数学のどういう所に魅力を感じたのか教えて下さい。

小学校の頃から数学が得意で、数学を学びたいと思っていました。

Q. 北大理学部は2年生後期に進学振り分けがあるのですが、1年生に入学した時点から数学科に行こうと決めていたのですか?

はい、決めていました。他の学科に対しても少し迷ったんですが、やっぱり数学科の方が性に合っていると思いました。

Q. 大学の数学と高校の数学に違いは感じましたか?

2年生後期に学ぶ位相空間論で違いは感じました。

Q. 位相空間論はすんなり受け入れる事はできましたか?

とりあえず受け入れることはできました(笑)。

Q. 2年生後期から数学専門になりましたが、その前後で講義の内容やレベルに違いを感じましたか?

2年生前期までだと微分積分とか線形代数とか、本当に高校数学の延長だなと感じました。2年生後期になると位相空間論とかが出てきて、3年になると代数とか曲面とか複素関数論が出てきて、本格的になったなと思い始めました。どんどん高度になってきて、あとは3年生後期で学ぶ多様体についても本で見てみたんですけど、本当に抽象的で、そう簡単ではないなと思いました。

Q. 数学で興味がある分野があったら教えてください。

大きく分けると幾何学です。いずれ変わるかもしれないですけど、今は幾何学に興味を持っています。

Q. 先ほど言っていた多様体に興味があるのですか?

はい。難しいから、その中に何か面白いものがあるのかなと。難しいからこそ、それが解けた時には嬉しいと思います。

Q. 将来の進路について何か考えていたら教えて下さい。

大学院に進んで数学を研究したいと考えています。

Q. 進路の決まっていない1年生に向けてアドバイスがありましたらお願いします。

専門的な数学になればなるほど難しいんですけど、それが解けた時にはやっぱり楽しいんですね。もし数学科に進学するのであれば、本当に専門的に
なるので覚悟しておいて下さい。

あとは、もし機会があったら自主ゼミをするような仲間を見つけてほしいです。一人で勉強するのはけっこう大変なので。

Q. 自主ゼミは昔からされていたんですか?

初めての自主ゼミを2年生前期の終わりから3年生前期にかけて4〜5人でやりました。
本は「多変数解析学(スピヴァック、東京図書)」です。
多変数の微分積分学をやった後,多様体が最後に少し出てくるという本でした。
3年生後期からは同じメンバーで「多様体入門 (松島与三、裳華房)」をやっています。

Q. 自主ゼミは、数学講読(数学科で開講されているセミナー)とは別にやっているのですか?

はい、数学講読とは別にやっています。

Q. どうもありがとうございました。

こちらこそありがとうございました。

2009年(平成21年) 10月 インタビュー実施