北原 誠(2007年度修士1年・代数系)

Q. 出身高校と出身大学を教えて下さい。

出身高校は長野県立伊那弥生ヶ丘高校です。大学は城西大学です。

Q. 修士で研究している内容について教えて下さい。

今は有限群の表現を研究しています。他にも,石取りゲームや,自然数の分割などにも興味をもっています。

Q. 何故その分野を選んだのですか?また、なぜ大学院に行こうと思ったのですか?

学部の時に、あまり無限という概念が得意ではなかったので、有限群を勉強していました。その後もっと深く勉強してみたいと思ったので、まずは大学院進学を考えました。

Q. 北大の大学院を選んだ理由を教えて下さい。

その時指導して下さった先生に、北大に所属されている吉田先生を勧められたので、ここを受験することにしました。

Q. 北大の大学院理学院の試験はどうでしたか?

最初はとても緊張しました。やり始めたらもう緊張している余裕がなかったので、ふつうに質問に答えていれば終わってしまったという感じでした。

Q. 資格試験はどうでしたか?

僕は,じっくり考えるタイプなので,難しいですが、基礎ができていればたぶん取れるんだと思います。

Q. 修士のセミナーは大変ですか?

テキストの難しい所とやさしい所のどこをやるかによって、セミナーの大変さは違います。

僕は色んな先生に見てもらっているので、嬉しい反面、特に最初の方はとても緊張しました。

Q. 修士の生活について何かありますか?

数学って一人でガリガリ勉強するものじゃないですか。だから、他人となかなかコミュニケーションがとれない分、院生室の皆と飲みに行ったりして交流する事が多いかもしれないですね。

Q. 学部時代と修士時代で変わったことはありますか?

学部の時からけっこう教室にこもって勉強していたので。教室が院生室に変わったくらいですかね(笑)。ただ、まわりに議論できる仲間がいるというのは大きな違いだと思います。

Q. 将来の進路について教えて下さい。

いま就職活動をしていますが、具体的な方面はまだ決まっていません。しかし,就職しても数学は好きなので,自分のペースでやりたいと思っています。

Q. 北大の大学院に進学を考えている学生に,アドバイスはありますか?

資格試験のために、やっぱり基礎はしっかりしておいた方が良いと思います。

2008年(平成20年) 1月インタビュー実施